この記事をシェア

防災に関わる新しい概念として注目されている「フェーズフリー」。フェーズフリーを知るはじめの一歩を、この本の表紙をめくることからスタートしませんか。

「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」をおすすめする5つの理由

「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」は、A4版40ページのコンパクトな本。ちょっとした時間があれば読み終えられるボリュームです。もちろんそれだけではなく、初めてフェーズフリーにふれる方にこの本をおすすめするのには5つの理由があります。

理由その1:フェーズフリーにこめられた想いがわかる

フェーズフリーというコンセプトにこめられた想い、それは「幸せ」がずっと続いてほしいという気持ちです。災害が起きるたびに改めて感じるのが“いつもの暮らしの中にあるささやかな幸せ”の大切さではないでしょうか。

もしも災害が起きたとしても、世の中のいつもの暮らしとその幸せがずっと続くようにしたい、その想いからフェーズフリーというコンセプトが生まれました。

理由その2:フェーズフリーを身のまわりに取り入れる方法がわかる

「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」では、お父さん、お母さん、お兄さん・お姉さん、赤ちゃん、おじいちゃん・おばあちゃん、ペットのそれぞれの身のまわりでフェーズフリーを取り入れる方法をご紹介しています。

どの方法も普段の生活の中で気楽にお試しいただけて、いつもの暮らしだけでなくもしもの暮らしのクオリティも向上する方法ばかり。ぜひ本を開いて、どんなアイデアがあるかのぞいてみてください。

理由その3:フェーズフリーのコンセプトが詳しく解説されている

フェーズフリーとは、わかりやすく表現するなら「日常時も非常時も役に立つモノやサービスを利用すること」。それをなぜ「フェーズフリー」という言葉で表現するのか、「フェーズフリー」という言葉そのものの意味はどういうことなのか。

もしそういう疑問が浮かんだとしたら、そのときが「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」を開くときです。

理由その4:フェーズフリーで実現できることが何かわかる

いつもの幸せがもしものときもずっと続いていくように、フェーズフリーを社会全体に広めたいというのが私たちの願いです。フェーズフリーは世界中の人々がさまざまな場所で利用できる考え方であり、私たちを取りまく暮らし全体をより快適で安全にしてくれるコンセプトです。

フェーズフリーなモノやサービスが次々と生まれ、フェーズフリーというプラットフォームで自由に情報が行き交うようになったとき、社会にどんな変化が起きていくのでしょうか。フェーズフリーの未来の姿をぜひご覧ください。

理由その5:フェーズフリーの定義と重要な視点がわかる

フェーズフリーを考えるうえで欠かせないのが「フェーズフリーの定義」です。どんなものなら「フェーズフリー」なものといえるのでしょうか。そしてフェーズフリーにはどんなバリエーションがあるのでしょうか。

フェーズフリーを考える上で重要な視点も盛り込まれています。新しいモノづくりやサービス展開にフェーズフリーを活かしたい、という方にぜひチェックしていただきたいポイントです。

はじめの一歩は「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」から

「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」は、フェーズフリーについて知りたい方に最初に手にとっていただきたい本です。フェーズフリーにこめられた想いや身のまわりでの活用方法、コンセプトの解説、フェーズフリーで実現できることや定義など、フェーズフリーの基礎知識を網羅的にご紹介しています。

はじめの一歩をこの本から踏み出していただければ、「フェーズフリー」に関する正確な知識が手に入ります。これまでとは少し違う視点から災害を見つめて、「いつも」の暮らしも「もしも」の暮らしもずっと快適になる「フェーズフリー」な社会づくりに興味を持っていただけると嬉しいです。

「フェーズフリーコンセプト&ガイドブック」のお申し込みはこちらから