この記事をシェア

画像提供:アシックスジャパン株式会社

日常時も非常時も活用できるフェーズフリーなデザインを暮らしの中に取り入れると、わたしたちの毎日はどのように変わるのでしょうか。ランウォークは、いつもはビジネスシーンにふさわしいデザインの履き心地の良い靴として、もしものときは長時間の歩行やタフな路面でも足への負担が少ない靴として便利に利用することができます。その具体的な活用シーンと優れた特徴をご紹介します。

いつも快適な履き心地でビジネスシーンにふさわしい靴

画像提供:アシックスジャパン株式会社

いつもの暮らしの中でランウォークが「いつ・どこで・だれのために・何を」提供してくれるシューズなのかを具体的に考えてみましょう。

ランウォークは、フォーマルシーンにふさわしいデザイン性とスポーツシューズのテクノロジーを応用した機能性を持ち合わせた「走れるビジネスシューズ」というコンセプトで誕生しました。

従来のビジネスシューズではスーツスタイルにマッチするデザインや質感が最も重要視され、デザインや材質による制約から履きやすさや動きやすさの追求には限界がありました。

しかしランウォークは、ランニングシューズから応用した衝撃緩衝機能「GEL」テクノロジーの搭載などにより従来のビジネスシューズの「足に負担がかかる」「歩きにくい」といった機能面の問題に解決策を示したのです。

近年では健康意識の高まりからウォーキングを兼ねて通勤する人も増えてきました。ランウォークは利用者の行動範囲を広げ歩く力を底上げしてくれる靴、すなわち健康をサポートするシューズとしても幅広い層から支持されています。

ビジネスシーンにふさわしい雰囲気を備えつつ歩きやすく快適な靴として、ランウォークは私たちの暮らしを心地よくしてくれる存在です。

もしもの時のタフな路面や長距離歩行でも快適に履ける靴

Image by StockSnap from Pixabay

次は、都市部で大規模な災害が発生したとき、ランウォークを履いていると「いつ・どこで・だれのために・何が」役立つのか具体的にイメージしてみましょう。

ランウォークはもしもの時のタフな路面や長距離歩行でも比較的歩行を容易にする靴で、災害発生時にも頼れる存在です。

公共交通機関を利用できない帰宅困難時には、例えば地震発生後の路上の落下物や地面の凹凸を避けながら、あるいは激しい風雨にさらされながら数時間の移動を余儀なくされる可能性もあります。

こういった“もしも”の場合に、衝撃を緩衝する構造や歩きやすさが利用者の負担やケガの可能性を軽減してくれるため、非常時の帰宅に貢献できる靴として評価が高いのです。また、強風による飛散物を避けたり、閉じ込められた建物から脱出したりする際にも安定した歩行・走行が期待できます。

ランウォークは、もしもの時のタフな路面や長距離歩行でも利用者が快適に歩行できる靴だといえるでしょう。

ランウォークが持つフェーズフリーな機能とは

画像提供:アシックスジャパン株式会社

日常時も非常時も幅広いシーンで活用できる「常活性」を備えていることがフェーズフリーな商品・サービスの特徴ですが、ランウォークで注目すべき機能はどのようなものでしょうか。

ランウォークは革の質感にこだわったフォーマルな場にふさわしいデザインで、日常時のQOLを向上させてくれます。非常時のQOL向上能力としては、公共交通機関が利用できない場合でも長距離歩行をサポートできる点が挙げられます。

また、デザインの良さや販売・入手が容易であることは「日常性」の高さとして評価できます。2011年の東日本大震災をきっかけに機能面のデザインが評価され、防災意識の高まりも相まって利用される機会が増えたことは評価を裏付ける事実です。

さらに、スポーツシューズからビジネスシューズへ、自社技術の他マーケットへの応用という点で開発促進の分野における「触発性」の高さも注目に値します。ランウォークはランニングシューズ開発で培った技術や知見を生かし四半世紀にわたり親しまれ続けていますが、フェーズフリーという視点からビジネスの可能性を広げようとする際に注目すべき先例の一つといえるかもしれません。

“見た目はスマートなビジネスシューズで長時間歩いても足への負担が少ない靴が欲しい”という、誰もが感じていた課題に解決策を示した点で、価値共有したくなる商品として「普及性」も高く評価されています。

フェーズフリーな暮らしを実現するシューズとは

画像提供:アシックスジャパン株式会社

ランウォークは、いつもはスマートなビジネスシューズとして、もしもの時は長時間の歩行を快適にしてくれる靴として、わたしたちの暮らしを豊かで心地よいものに変えてくれます。

一部モデルには防水透湿性に優れたゴアテックスファブリクスが採用されており、愛用者からは「雨の日に出かけるのが楽しみになった」との声もあるほどです。このような商品やサービスこそ、日常時も非常時も便利に活用できるフェーズフリーなデザインといえるでしょう。

ランニングシューズから応用した独自のソール技術を用い、革靴ながら快適な歩行を実現した機能面のデザインは、独自の技術を生かしたフェーズフリーな靴が今後も生み出されていく可能性を予感させます。

ふだんの仕事のときから歩きやすく快適な靴を履いていれば、公共交通機関が利用できず帰宅が難しくなったときでも、ある程度の距離なら歩いて帰宅することが可能です。ふだんの暮らしの中でいつも履いていたいと思い、もしもの時には長時間歩行のパートナーとして頼れる存在でいてくれる。そんなフェーズフリーな靴があらゆる人の暮らしを支える未来が近づいています。